03:06 2020年08月14日
欧州
短縮 URL
299
でフォローする

仏政党「国民戦線」の創設者で仏大統領候補だったマリーヌ・ルペン氏の父親のジャン=マリー・ルペン氏は、仏大統領選決選投票で娘の勝利を妨げた原因について語った。ロイター通信が報じた。

スプートニク日本

ジャン=マリー・ルペン氏は、ユーロとフランスのEU加盟に関する娘マリーヌ・ルペン氏の立場が、大統領選での敗北に影響を与えたと語った。

ジャン=マリー・ルペン氏は、選挙運動中に娘は人口問題と大量の移民問題にもっと関心を払うべきだったとの考えを示した。

またマリーヌ・ルペン氏の姪で議員のマリオン・マレシャルルペン氏は、有権者には完全に理解されなかったユーロに関するマリーヌ・ルペン氏の立場が、選挙で敗北した原因となったと述べた。

タグ
マリーヌ・ル・ペン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント