01:58 2018年06月25日
Facebookのdislikeボタン

ポロシェンコ氏は独裁者に変貌中=SNS禁止を受けたウクライナ人と西側の見解

© Flickr/ zeevveez
欧州
短縮 URL
3103

ロシアで人気の高いSNS「フ・コンタクチェ」と「オドノクラスニキ」(クラスメート)、そして検索エンジン「ヤンデックス」への接続を遮断する大統領令にウクライナのポロシェンコ大統領が署名したことを受けて、欧州は当惑をあからさまに示した。

スプートニク日本

欧州評議会のヤーグランド事務局長は懸念を表明し、ウクライナ政府の決定は「表現の自由とメディアの自由の共通理解と矛盾する」と述べた。

また、『ヨーロッパ・プラウダ』によると、ウクライナの制限措置に対するEUの正式な対応は、詳細な情報が入った後に形成されるということだ。

当対露制裁の即刻解除を要求するポロシェンコ大統領への呼びかけを、国際的な人権保護団体「Human Rights Watch」が行った。

また、この禁止措置について、多くのウクライナのネットユーザーも否定的に受け止め、皮肉っぽく反応したものもいる。

タグ
制裁, Human Rights Watch, EU, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント