00:51 2020年07月10日
欧州
短縮 URL
カタルーニャ州独立を問う住民投票 (49)
0 17
でフォローする

スペインの警察当局は北東部カタルーニャ自治州が10月1日に分離独立を問う住民投票に先立ち、投票所となる予定の約2300施設のうち約1300施設を夕方までに制圧し住民の立ち入りを禁止した。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

当局は開票集計や電子投票の受理で重要な役割を果たすとされる州政府の電算センターも監視下に置いた。

警察側は「10月1日午前6時(日本時間午後1時)まで」に退去するよう命じた上、施設からの退出は許可するが、施設に入ることは認めないとしている。

スペイン東部カタルーニャ自治州の議会は9月6日、独立を問う住民投票実施のための法案を賛成多数で可決した。同日、プチデモン州首相は投票実施予定日を10月1日に設定した。一方、マドリードの中央政府はカタルーニャの独立の阻止を目指し、投票の正当性を問うため憲法裁に提訴した。

なお、住民投票の予定地である投票所近くで空気銃が発砲され、4人がけがをした。投票所はバルセロナ県マンレウ市にある。

関連のニュース

スペイン中央政府、カタルーニャ独立住民投票に反発 「非常事態」導入【写真】

「独立」という名の伝染病の影響:バレアレス諸島でも独立住民投票の動き

バルセロナで学生デモ カタルーニャ自治州独立住民投票を要求【写真】

トピック
カタルーニャ州独立を問う住民投票 (49)
タグ
抗議, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント