04:03 2018年11月22日
トランス・アナトリアン・パイプライン(TANAP)が6月12日に運営を開始することをアナドル通信社報じたことについて、トルコのエネルギー大臣であるベラット・アルバイラク氏が述べた。

トルコのエネルギー天然資源省、ロシア迂回のガスパイプラインの運営開始日時を決定

© Sputnik / Evgeny Biyatov
欧州
短縮 URL
0 93

トランス・アナトリアン・パイプライン(TANAP)が6月12日に運営を開始することをアナドル通信社が報じたことについて、トルコのエネルギー大臣であるベラット・アルバイラク氏が述べた。

スプートニク日本

TANAPは年間に160億立方メートルのガス収容量をもつ、ロシアによるヨーロッパへのガス供給に対する代替ルートであり、グルジアとトルコの国境からトルコの西部国境にかけて敷かれる。TANAPはトランス・アドリアティック・パイプライン(TAP)とともに「南ガス回廊」の一部をなしている。

「南ガス回廊」構築構想では、100億立方メートルのアゼルバイジャン産のガスを、カスピ海からグルジア、トルコを通ってヨーロッパまで輸送する予定だ。初期の段階では、シャフ・デニス・ガス田からガスを供給する計画であり、将来的には他のガス田も併せて運営していく。

タグ
欧州, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント