08:08 2018年07月16日
コンテ氏

イタリア、対露制裁を自動更新しないよう呼びかける

© AFP 2018 / Vincenzo Pinto
欧州
短縮 URL
0 170

イタリアのコンテ首相は、欧州による対ロシア制裁は自動的に更新されるべきではないとの考えを表した。

スプートニク日本

コンテ氏はまた、イタリアはロシアで事業を行っているイタリア人及びロシア人を引き続き支持すると述べた。

先にコンテ首相は対露制裁解除に取り組む意向を表した。首相によると、ロシアは様々な国際問題を解決する上で重要な役割を果たしており、ロシアとの対話を無視するのは間違っている。

イタリア新政府は、政党「五つ星運動」と「リーガ」が内閣形成前に結んだ「契約」において対露制裁解除の必要性をゆるぎないものとした。

国際関係に関する部分では、イタリアはロシアに対する開放性を支持しており、ロシアは「脅威ではなく、ますます重要性を高めている貿易・経済パートナーである」と同時に、「地域問題(シリア、リビア、イエメン)を解決するための戦略的な話し相手である」と述べられている。

関連ニュース

イタリア、ロシア・NATO関係の新たな章を開くよう呼びかける

プーチン大統領 米国その他諸国に対する制裁対抗措置法に署名

タグ
経済協力, 制裁, ロシア, EU, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント