04:38 2018年07月20日
在独米軍の撤退が検討される

在独米軍の撤退が検討される

CC0 / U.S. Army Europe/Markus Rauchenberger / NATO Brigade team
欧州
短縮 URL
471

米国防総省は、在独米軍の撤退ないしポーランドへの移転費用を算出した。ワシントン・ポスト紙が報じた。

スプートニク日本

同紙によると、この検討はトランプ米大統領とメルケル独首相のあいだで緊張が高まっていることを受けたもの。

トランプ氏は、ドイツに約3万5000人の米軍が駐留していることを知り驚いたと同紙は説明。トランプ氏は、同盟国が全体の安全保障のためにあるべき貢献をしていないと述べた。同紙は、米国防総省の検討を知った欧州高官が懸念していると付け加えた。

1 / 3
CC BY 2.0 / U.S. Army photo by Visual Information Specialist Markus Rauchenberger / Strong Europe Tank Challenge 2016
在独米軍の撤退が検討される

ブリュッセルで7月11日、12日に開催される北大西洋条約機構(NATO)で、トランプ氏は不十分な防衛費を批判すると見られる。

関連ニュース

トランプ氏、メルケル氏にキャンディー投げる?

米海軍:ノルウェーでのNATO演習はロシアに対するシグナル

タグ
軍事, 武器・兵器, アメリカ軍, ドイツ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント