15:18 2018年12月17日
NATO、エストニアで(アーカイブ写真)

NATOの新師団「ノルド」 バルト地域に創設へ

© Flickr/ U.S. Army Europe Images
欧州
短縮 URL
118

スプートニク・エストニア語の報道によれば、これからラトビアのアダジ軍事基地領内にNATO多国籍師団「ノルド(北)」の本部が作られ、これにエストニア、デンマーク、ラトビアが所属する。

スプートニク日本

「ノルド」本部の課題は防衛計画、エストニア、デンマーク、ラトビア間の軍隊が合同で防衛課題を実行する際の相互関係改善のための軍事演習の組織と実行となる。本部はバルト地域の防衛を担当するNATO全体の指令網の一隅を成すことになる。

バルト地域では近年、NATOが前代未聞なレベルで強化を図っている様子がの決定は2016年夏、ワルシャワのNATOサミットにおいてロシア連邦によるNATO諸国への攻撃の脅威があるという前提のものに採られていた。

ロシアはバルト地域にしろ、別の地域にしろ、NATOとの対立激化には関心がないことを幾度も表明している。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 軍事演習, 軍事, NATO, ロシア, ラトビア, デンマーク, バルト, エストニア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント