16:33 2018年10月20日
ポルシェ

ポルシェ、ディーゼルエンジン撤退へ

© AP Photo / Matthias Schrader
欧州
短縮 URL
0 30

独自動車大手ポルシェは、ディーゼルエンジン車の販売から撤退する。ポルシェのオリバー・ブルーメ社長が、独ビルト紙のインタビューで明らかにした。

スプートニク日本

ブルーメ社長によると、ポルシェは「特に上手くいっている」ガソリンエンジン車やハイブリッド車、また2019年からは電気自動車に力を入れる方針。

先にブルーメ氏は、「ディーゼル・スキャンダル」に関連してポルシェのイメージが損なわれたとの考えを表し、「ディーゼル・スキャンダルはわれわれに多くの問題をもたらした」と語った。

昨年、ドイツ運輸省は、ポルシェの自動車に排ガス規制を逃れるための違法なソフトウエア搭載されているのが見つかったと発表し、3.0リッターのディーゼルエンジンが搭載された「カイエン」2万2000台のリコールを命じた。

関連ニュース

年間最高の自動車が発表【写真】

新たなヴァン・ダム:米国で若い男性が自動車2台の衝突を回避する【動画】

タグ
クルマ, テクノ, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント