16:33 2018年10月20日
移民

イタリア政府、不法移民対策強化法を採択

© REUTERS / Hermine Poschmann/Misson-Lifeline
欧州
短縮 URL
0 41

イタリア閣僚評議会は24日、移民・安全保障関連法案を全会一致で採択した。一括法案はマッテオ・サルヴィーニ副首相兼内務大臣の名前から「サルヴィーニ法」と報じられている。

スプートニク日本

同法は、人道的な亡命の権利取得ルールを厳格化し、国籍取得や移民受入れセンター滞在の新規則を導入する。例えば、移民が亡命申請の資格を失い、国外追放となる犯罪のリストが拡大される。

同法はまた、テロリズム関与を疑われる人物など、国益への脅威と見なされる人物のイタリア国籍剥奪の可能性も規定する。

イタリアメディア「The Local」によると、イタリアでは今日、約500万人の移民が暮らしている。不法移民は主に北アフリカや中東諸国出身で、その人数は統計により、50万〜70万人と揺れがある。2017年だけで、海経由でイタリアに12万人の不法移民が侵入したと見られる。

関連ニュース

独ザクセン 移民によるドイツ人殺害容疑をめぐり、左右両翼が大規模抗議

欧州到着後に逃走する不法移民、動画に撮影

タグ
移民, 欧州, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント