14:40 2018年10月20日
ヒトラー

独紙がヒトラーの血縁者にインタビュー メルケル首相やトランプ大統領について語る

© AP Photo /
欧州
短縮 URL
128

独ビルト紙が、米国に住むアドルフ・ヒトラーの異母兄の孫アレクサンダー氏にインタビューを行った。同氏は、メルケル独首相の政策は肯定的に評価し、トランプ米大統領の政策は否定的に評価した。

スプートニク日本

現在、米ロングアイランドには、ヒトラーの異母兄の孫3人が暮らしている。なお1946年にヒトラーという名字を変えたため、彼らのことは町ではほとんど知られていない。

孫のブライアン氏とルイス氏は独ビルト紙のインタビューに応じなかったが、長男のアレクサンダー氏がメルケル首相及びトランプ大統領の政策について語った。

アレクサンダー氏はメルケル首相について「彼女のことは好きだ。いい人だ。賢くて教養があるように思う」と語り、移民政策の分野においてメルケル首相は「何をすべきかを知っている」と述べた。

トランプ大統領については「ドナルド・トランプ大統領に喜んでいるとは言えない。彼が私のお気に入りの1人でないのは確かだ。トランプ氏が話している複数のことは正しい。そのほとんどは… だが彼がそれをどうやって行っているかは、私を苛立たせる。また私は嘘つきが好きではない」と語った。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, びっくり, アドルフ・ヒトラー, 米国, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント