01:16 2018年12月19日
列車

EU、列車遅延の場合に乗車券料金を返還へ

© Fotolia / Ekaterina Pokrovsky
欧州
短縮 URL
0 20

欧州連合(EU)では今後、列車の出発が2時間よりも長時間の予定で遅延した場合、乗客は乗車券料金の全額返還を受けることが可能になると、「globalrailwayreview.com」が伝えている。現行規則に対するこのような変更は、欧州議会によって承認された。

スプートニク日本

90分を超える予定で遅れた場合は、乗客は料金の75%までを取り戻すことができるようになり、60分の場合には50%までとなる。

​それだけではなく、新たな規則によって、運動機能に制限のある乗客が各駅において無料で支援を受けることが可能になる。しかも、大きな駅ではそのような支援を乗客が予め求める必要はなくなる。

関連ニュース

ロシア鉄道、高速列車のコンセプト開発

露列車の新たな寝台車、ほとんど日本のカプセルホテル?

タグ
欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント