16:34 2018年12月13日
露列車の新たな寝台車

露列車の新たな寝台車、ほとんど日本のカプセルホテル?【写真】

© Sputnik /
テック&サイエンス
短縮 URL
2120

ロシア鉄道のオレグ・ベロジョーロフ最高責任者が、一新されたクシェット(簡易寝台)車のコンセプトを予告した。新たな車両は部分的に、日本のカプセルホテルを想起させるようなものとなる。

スプートニク日本

モジュール式のスペースや、いつでも閉めることができるカーテンを備えた乗客用座席、現代的な内装、自動販売機。これらは新しく導入された設備の一部だ。

新たなデザインの寝台は、頭当てが付いたソファーのような外見をしている。

  • 露列車の新たな寝台車
    露列車の新たな寝台車
    © Sputnik /
  • 露列車の新たな寝台車
    露列車の新たな寝台車
    © Sputnik /
  • 露列車の新たな寝台車
    露列車の新たな寝台車
    © Sputnik /
1 / 3
© Sputnik /
露列車の新たな寝台車

それぞれの座席にはコンセントとUSBコネクタが整備されているほか、縦型ブラインドに似た分厚いカーテンも備えられている。

車両の刷新は来年から始められる予定。

関連ニュース

オランダで、通勤ラッシュ対策のために「コワーキング列車」開発

タグ
テクノ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント