15:23 2019年01月23日
エリザベス2世

エリザベス2世のクリスマスメッセージに秘められた内容

© AP Photo / John Stillwell
欧州
短縮 URL
111

王家に関する英国専門家のリチャード・フィッツウィリアムズ氏は、英国エリザベス2世のクリスマスメッセージに秘められた内容について語った。英タブロイド紙「デイリー・エクスプレス」が報じた。

スプートニク日本

フィッツウィリアムズ氏は、女王と並んでテーブルの上に飾られた家族写真に注目した。写真は1949年に撮影されたもので、彼女は夫のフィリップ王配と息子のチャールズ皇太子と一緒に写っている。フィッツウィリアムズ氏によると、この写真は「国民が分断された時代の団結と共感のスローガン」を象徴している。

「私たちは不安定で予測不可能な時代に生きており、そして君主制は国民の団結の象徴として特に重要だ」と専門家は強調した。

彼はまた、女王自身が若く、チャールズ皇太子がまだ子供であった写真が、エリザベス女王自身の長年の統治と同様に、後継者の70周年を示唆していると述べた。

関連ニュース

タグ
エリザベス2世, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント