16:24 2021年09月20日
欧州
短縮 URL
0 43
でフォローする

タブロイド紙ザ・サンは、ロシアのボレイ型潜水艦が大西洋で「不気味な任務」を遂行し、異常なほど深く潜水していたと報じた。

ザ・サンによると、ロシアの潜水艦の標準からかけ離れた行動は、英国軍の深刻な懸念を引き起こした。同紙は、多くの場合、ロシアの潜水艦は水深400メートル以上潜水することはないが、今回は500メートル以上の深さまで潜ったと報じている。

専門家のブルース・ジョーンズ氏は、過去数カ月におけるロシアによる「懸念を呼ぶ」行動はこれが初めてではないと指摘している。

ジョーンズ氏は「これについては、最近のウクライナとの国境における軍事力増強が物語っている。ロシアの最新の行動は、NATO(北大西洋条約機構)を『からかい』、加盟国のメンバーをいらいらさせることが目的なのかもしれない。しかし、それは明らかにエスカレーションを意味しており、今やロシアは深海での作戦に賭けているかのようだ」との見解を示した。

関連ニュース

タグ
ロシア, 英国, 大西洋, 潜水艦
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント