23:20 2019年07月18日

「可愛そうな子」 日本のTV視聴者がプルシェンコジュニアに同情【動画】

© Sputnik / Alexandr Wilf
フィギュア特集
短縮 URL
0 46

ロシアの有名なフィギュアスケート選手であるエフゲニー・プルシェンコ選手の息子が最近、日本のテレビ局のTBSのトーク番組にゲスト出演した。幼いサーシャ(アレクサンドルの愛称)・プルシェンコくんはほんの幼い頃からフィギュアスケートに取り組んできた。サーシャ少年は、一生懸命にトレーニングに励み、難しい技も成功させる。しかし、日本の視聴者たちは、彼に同情的だ。

スプートニク日本

サーシャ少年は​弱冠6歳​で故郷のロシアでは、​すでにスター​。ほんの赤ちゃんの時からモデルとして雑誌のページを飾り、子どものファッションショーにも出演している。しかし、ファッションショーでのランウェイやカメラのフラッシュを浴びる姿は、この少年の生活のほんの一部でしかない。サーシャ少年のもう一つの生活は、父であるエフゲニー・プルシェンコを手本にトレーニングに励むフィギュアスケートだ。氷の上での生活はすでに数年に及ぶ。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Это очень смешное видео с ОФП из @angelsofplushenko 🙈

Публикация от Евгений Плющенко (@plushenkoofficial)

小さなサーシャ少年は、難しいスケートの技もこなすことができる。父のプルシェンコのスケートショーにも出演し、外国での​アイスショーの演目も用意している。

しかし、父と一緒に出演した日本のテレビ番組を観た視聴者たちは、彼に同情的だった。日本の視聴者たちは、画面に現れた小さなサーシャ少年の瞳がとても悲しそうだったことに気づいた。

ところで、父のプルシェンコは、定期的にSNSに動画を投稿しており、そこでは、彼の幼い息子の日常を垣間見ることができる。インスタグラムに投稿されたある動画では、他の子どもたちと一緒にサーシャ少年も開脚前屈の柔軟体操を行ない、コーチである父の指示にしたがっている。プルシェンコは、「​我慢すること。​私にはもうできないと気持ちを​乗り越えて闘うこと。​もうできないという気持ちを超えてこそ、すべてが成し遂げられる」と、若い選手たちのやる気を引き出そうしている。

タグ
日本, ロシア, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント