18:52 2019年10月18日
羽生選手【アーカイブ】

スポーツマンシップや相互尊敬の見本 羽生選手のためにメッシング選手が日の丸を広げる【動画】

© Sputnik / Alexander Wilf
フィギュア特集
短縮 URL
0 20
でフォローする

カナダのオークビルで開催されたフィギュアスケートのオータムクラシックで、日本の羽生結弦選手が優勝した。その表彰式で、スポーツマンシップや相互尊敬の見本ともいうべき出来事があった。

羽生選手は2位のケビン・エイモズ選手(フランス)と3位のキーガン・メッシング選手(カナダ)と一緒に表彰台に上がった。日本の国歌「君が代」が流れ始めたが、日の丸が掲揚されていない。これに気づいたメッシング選手は、羽生選手の後ろにあった日本国旗を大きく広げた。羽生選手は表彰台から降り、国旗に向かって頭を下げた。

​このスポーツマンシップや相互尊敬の見本ともいうべき出来事はネットでも話題になり、ツイッターのオリンピック公式チャンネルでも伝えられた。

このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
カナダ, 日本, スポーツ, フィギュアスケート, 羽生結弦
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント