17:09 2019年12月08日
アンナ・シェルバコワ

ロシアフィギュアスケート アンナ・シェルバコワ選手 4回転フリップとトリプルアクセル習得へ

© AFP 2019 / Stringer
フィギュア特集
短縮 URL
フィギュアスケートGPシリーズ2019・中国大会 (9)
0 20
でフォローする

ロシアフィギュアスケートのアンナ・シェルバコワ選手(15)は、米国と中国の2つのグランプリシリーズに出場し、連続優勝を果たした。その結果、アンナ・シェルバコワ選手は30ポイントを獲得し、12月にイタリアのトリノで開催されるグランプリ・ファイナルへの出場が決定した。

米国のブレイディ・テネル選手とロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手も22ポイントを獲得し、グランプリ・ファイナルへの出場権を狙っている。

​しかし、11月にロシアと日本で開催される2つのGPシリーズでは、ロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ選手(15ポイント)、アリョーナ・コストルナヤ選手(15ポイント)、アリーナ・ザギトワ選手(13ポイント)、日本の紀平梨花選手(13ポイント)、宮原知子選手(13ポイント)、また、米国のマライア・ベル選手(11ポイント)といった面々がファイナル出場をかけて熾烈な闘いを繰り広げることが予想される。

アンナ・シェルバコワ選手によれば、エテリ・トゥトベリーゼコーチの門下生らによるハイレベルの競争により、途絶えることのない向上が求められているという。シェルバコワ選手はすでに4回転フリップとトリプルアクセルを習得しているが、しかし、まだフリー演技で実践するだけの準備ができていない。シェルバコワ選手は、「でも、私はこのジャンプの練習を続けるつもりです。だってプログラムの難度を上げる必要があるのですから」と強い決意を示した。

今シーズン、アンナ・シェルバコワ選手はフィギュアスケートのシニア部門でデビュー。シェルバコワ選手は、ロシアのもう1人の若手選手のアレクサンドラ・トゥルソワ選手の記録を破り、アメリカ大会で優勝を果たした。自身の演技プログラムでアーニャ選手は、4回転ルッツ―3回転トウループと4回転ルッツといった複数の4回転ジャンプを決めている。

昨年までジュニアだった選手がシニアを征服 

数年前、エフゲニア・メドベージェワ選手とアリーナ・ザギトワ選手のハイレベルの演技がフィギュアスケートの世界を熱狂させ、2人の闘いはしばらく続くと思われた。しかし現在、グランプリシリーズでシニアデビューを果したロシアの3人娘、アンナ・シェルバコワ選手、アレクサンドラ・トルソワ選手、アリョーナ・コストルナヤ選手は、ここ2年にわたり女子シングルのシニアトップ選手らを脅かす存在として、常に話題になっている。

昨シーズン、まだ14歳のシェルバコワ選手はロシア選手権で、五輪女王のアリーナ・ザギトワ選手や世界選手権連覇のエフゲニア・メドベージェワ選手をも上回り、頂点に立った。

アリョーナ・コストルナヤ選手は、五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手を引き離し、GPシリーズ第3戦フランス大会で優勝を果たした。

一方、アレクサンドラ・トゥルソワ選手は、今年の10月のはじめに開催されたフィギュアスケートジャパンオープンで、これまで誰も成功したことのない4回転ルッツと4回転サルコウ、4回転トーループ2回の連続ジャンプを見事に成功させている。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・中国大会 (9)
タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント