07:20 2020年12月06日
フィギュア特集
短縮 URL
フィギュアスケートGPファイナル  (31)
0 0 0
でフォローする

エテリ・トゥトベリーゼ監督に指導を受け、グランプリファイナルで優勝したロシアのアリョーナ・コストルナヤ選手がグランプリを振り返り、苦労した点と嬉しかった点について感想を述べた。

エテリ・トゥトベリーゼ監督の指導を受けるコストルナヤ選手、シェルバコワ選手、トゥルソワ選手がイタリアのトリノで開催されたフィギュアスケートGPファイナル女子でそれぞれ金、銀、銅に輝いた。

グランプリシリーズを滑り終えたコストルナヤはフリープログラムで集中するのに苦労したと感想を語った。一方、シニア1年目、最大の喜びは何か、という記者団の質問に対し、「大会のおかげでたくさんの国を訪問できた」と喜びをあらわにした。

シェルバコワも同じく、プログラムに集中することが難しかったとして、やってきたことを実践する難しさを口にした。一方、トゥルソワはうれしかったことが二つあるとした。1つはプードルをプレゼントされたこと。そしてもう一つはトリプルアクセルを身に着けたことと語った。

関連ニュース

トピック
フィギュアスケートGPファイナル  (31)
タグ
アンナ・シェルバコワ, アリョーナ・コストルナヤ, アレクサンドラ・トルソワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント