18:38 2020年03月28日
フィギュア特集
短縮 URL
0 80
でフォローする

16日、ロシアの元フィギュア選手、ユリア・リプニツカヤさんが福島郡山市のアイスリンクでワークショップを開催した。

福島テレビによると、参加したのは福島県の小中学生50人。2014年ソチ五輪の団体金メダリストのリプニツカヤさんは、子どもたちに目を配り、手を繋ぎながら丁寧に体の動かし方を教えていた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от #teamlipnitskaya (@teamllipnitskaya)

NHKによると、リプニツカヤさんは、東日本大震災を経験した福島県の子どもたちにスケートの楽しさを教えたいと、同地でワークショップを開いたという。

FNN.jpプライムオンラインによると、ワークショップを受けた子どもたちは「壁から手を離して滑れるようになった」「足を上げるのが得意になった。練習したい」と感想を語った。

2月に訪日したリプニツカヤさんは東京、大阪でワークショップをすでに行ってきた。大阪でリプニツカヤさんは、選手コースの子どもたちだけではなく、初心者や愛好者向けのクラスでのレッスンも開催した。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

タグ
福島, 日本, ユリア・リプニツカヤ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント