13:23 2020年06月05日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロシアのフィギュアスケート、エゴール・ルーヒン選手(16)がエテリ・トゥトベリーゼコーチのグループを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏のアカデミーに移ることになった。

ルーヒン選手の移籍情報は、同選手のプロフィールにプルシェンコ氏のアカデミー名が記載されたサイト「allskaters.info」で確認することができる。

これまでのシーズンでルーヒン選手は、フランスで開催されたISUジュニアグランプリシリーズに出場、また、サランスクで開催されたロシア選手権では優勝を飾っている。

エフゲニー・プルシェンコ氏は、自身のチームへのルーヒン選手の移籍について明らかにしていない。

この間、アレクサンドラ・トゥルソワ選手(15)がエテリ・トゥトベリーゼコーチのもとを離れ、プルシェンコ氏の指導でトレーニングを行うことにしたというニュースが報じられた。プルシェンコ氏のグループにはトゥルソワ選手と一緒にコーチのセルゲイ・ロザノフ氏、ジュニアのヴェロニカ・ジリナ選手(11)も移籍する。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント