16:22 2020年10月30日
フィギュア特集
短縮 URL
0 30
でフォローする

日本のフィギュアスケート選手の紀平梨花は、自身のコーチ陣にカナダのブライアン・オーサー氏が加わることを明らかにした。オーサー氏は、フィギュアスケートシングルで数々の優勝歴を持つロシアのエフゲニア・メドベージェワや日本の羽生結弦などのコーチも務めている。

共同通信によると、紀平選手は、ブライアン・オーサー氏に師事すれば2022年の北京オリンピックに向けて必ず成長できると確信している。また紀平選手は、トップ選手たちの動きを見てたくさんのことを学び取る考えだという。

なお、メインコーチはこれまで通り浜田美栄氏が務め、オーサー氏は第2コーチに就くという。

現在は新型コロナウイルスの影響でオーサー氏がいるカナダに入国できないが、制限が解除され次第、7月にもカナダへ渡り、トロントで練習を開始する予定。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
紀平梨花, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント