09:03 2020年10月25日
フィギュア特集
短縮 URL
0 30
でフォローする

フィギュアスケート、ソチ五輪女王のアデリナ・ソトニコワさんが10月4日、モスクワに自身のスクール「Sotka School」をオープンさせた。子どもたちはソトニコワさん独自のメソッドで練習することになり、ソトニコワさんは「トゥトベリーゼ氏とプルシェンコ氏の選手と肩を並べるようになる」と語っている。

ソトニコワさんは「単にアデリナ・ソトニコワのスケートスクールというだけでなく、子どもたちにとって家のような存在にしたい。子どもたちが練習をできることに喜びを感じるような場所にしたい」と語った。

© Sputnik / Vladimir Pesnya
アデリナ・ソトニコワさん

同スクールの対象は4歳から12歳までの子どもになるという。

ソトニコワさんはスタッフに、フィギュアスケートのコーチだけでなく、バレエ専門家も招く予定だ。

© Sputnik / Vladimir Pesnya
アデリナ・ソトニコワさん

「子どもたちに、年齢に合わないようにジャンプをさせるつもりはない。一方でもちろん、(トゥトベリーゼ氏の)フルスタリヌィや(プルシェンコ氏の)エンジェルズ・オブ・プルシェンコのようなトップ校と競いたいとも思う。そうでなければ始めた意味がない。」

アデリナ・ソトニコワさんは3月に競技引退を発表。その少し前に背骨の手術を受けていた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント