12:24 2020年10月20日
フィギュア特集
短縮 URL
0 30
でフォローする

フィギュアスケートのロシア杯第2戦では、2019年1月から表彰台のトップを独占し続けてきたエテリ・トゥトベリーゼ・チームは初めて優勝者を出せずに終わった。第2戦の金メダルはアレクサンドラ・トルソワ(16)がさらった。トルソワはこの春、トゥトベリーゼ・チームからエフゲニー・プルシェンコ氏へと師事替えをしたばかり。

ショートプログラムが終了した時点ではシリアにデビューしたばかりのトゥトベリーゼ・チームのカミラ・ワリエワ(14)がトップを占めていたが、フリースケーティングではワリエワは緊張を抑えることができず、2度転倒。結果、総合233.7点で2位にとどまった。

3位もトゥトベリーゼ氏に師事するダリア・ウサチョワ(14)が総合点233.2点で占めた。

優勝したトルソワは、フリースケーティングで、4回転トウループ、トリプル・トウループ、4回転トウループの連続、4回転ルッツを4回転ジャンプを3度跳んでいる。

トゥトベリーゼ・チームは2019年欧州選手権で金メダルを逃して以来、連続優勝を進めてきた。2019年欧州選手権ではアリーナ・ザギトワがアレクセイ・ミーシン氏に師事するソフィア・サモドゥロワに敗れ、金を逃している。

今回のロシア杯では、2019年1月以来14の大会で欠かさずに金メダルを総なめにしてきたトゥトベリーゼ・チームが初めて優勝者を出せなかった。

2019年世界選手権ではアリーナ・ザギトワが優勝。2019/2020シーズンではグランプリシリーズの6大会でトゥトベリーゼ・チームが優勝を総なめにし、コストルナヤがグランプリのファイナル欧州選手権2020で、アンナ・シェルバコワもロシア選手権で金メダルを獲得している。

関連記事

「最優秀コーチから最優秀選手ら」が移籍:契約は事態を修正し、 両者の利益を守れるか

フィギュアスケートロシア杯のスケジュール
© 写真 : Kristina Savitskaya
フィギュアスケートロシア杯のスケジュール

このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント