03:44 2020年11月25日
フィギュア特集
短縮 URL
0 30
でフォローする

フィギュアスケートのロシア杯第3戦のジュニア部門で、13歳のアデリア・ペトロシャン(エテリ・トゥトベリーゼ氏の門下)がナゴルノカラバフに関する有名なアルメニアの楽曲を使用して初優勝を飾った。

ペトロシャン選手は今のところトゥトベリーゼ氏のチームの主なスター選手たちの影に隠れているが、すでにエフゲニア・メドベージェワ選手と比較されている。その明確な理由は、両選手がアルメニア系であることと、軽やかなスケーティングだ。

ペトロシャン選手は、トリプルループでミスをし、その後、トリプルルッツ+オイラー+トリプルサルコウとトリプルフリップのコンビネーションで転倒しそうになったが何とかこらえ、勝利を手にした。

楽曲に関するトゥトベリーゼ氏のチームの見事な選択がなければ、勝利はなかった可能性がある。

ペトロシャン選手は、1999年に作曲された「アルツァフ(Artsakh)」という楽曲を使用した。アルツァフは、アルメニアとアゼルバイジャンによる激しい戦闘の場となった現ナゴルノカラバフとその周辺地域の歴史的なアルメニアの名称。そのメロディーはアルメニアでカルト的人気となった。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント