02:27 2021年03月07日
フィギュア特集
短縮 URL
0 21
でフォローする

ロシアTV第1チャンネルで放映のフィギュア「チャンネルワンカップ」を視聴したアイスダンス五輪メダリストのアレクサンドル・ズーリン・コーチは、アリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ両選手にはプロスポーツ復帰の道は残されていないとの見解を表した。

先週末、モスクワでエキシビション的なフィギュアチーム対抗戦が行われた。これを観戦したズーリン氏は、ザギトワ、メドベージェワともに大会で戦える力はすでにないと断定した。

ズーリン氏はカップでの2人の演技を見て、決定的にキャリアの終焉を確信したという。ザギトワはトリプルフリップに失敗し、転倒してしまい、メドベージェワもミスない演技を終えたものの、ライバルチームに大きく溝をあけられた。

ズーリン氏は今になってみれば、2人にとってのキャリアの終止符は頂点に立った、あの2018年の平昌五輪だったと振り返る。銀に甘んじたメドベージェワはカナダのオーサー氏のもとで2年の研鑽を積んだが、結果に満足できず、結局はエテリ・トゥトベリーゼ氏の元に舞い戻った。ザギトワは2019年末の時点で一時中断を決めたが、この中断がコンディションに影響を与えたことは否めない。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
エフゲニア・メドベージェワ, アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント