21:16 2021年04月23日
フィギュア特集
短縮 URL
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
0 20
でフォローする

ストックホルムのフィギュア世界選手権男子シングル、ショートプログラム(SP)で日本の羽生結弦選手(26)が106,98点で暫定首位を占めた

五輪2冠の羽生だが、世界選手権は前回、ネイサン・チェンに首位を奪われ、銀にとどまっている。4サルコウは見事に決まった。ロシア人コメンテーターらは、理想的、音楽と演技が寸分の隙もなくぴたりと完全に一致と絶賛。

​オーサー・コーチは思わずジャンプして喜びを表現している。

羽生の演技が終わった後はまばらな観客席が全員総立ち。スコア待ちの場面では今まで出なかった歓声が上がった。

現時点で2位は日本の鍵山、3位はロシアのコリヤダー。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
タグ
羽生結弦, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント