21:12 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ0°C
    Сотрудники полиции у дома Андреаса Лубитца в Монтабауре

    副操縦士 網膜剥離が原因で正気を失ったのか?

    © AP Photo/ Michael Probst
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    A320機の墜落事故 (28)
    0 04

    世界のマスコミは、フランスのアルペンに墜落したエアバスA320型機の副操縦士の新たな情報を報じている。

    伝えられたところによると、アンドレアス・ルビッツ副操縦士は、「網膜剥離」の診断を受けて治療を受けていた。なお予審判事たちは、これが副操縦士の精神障害の具体的な原因となったとの確信は持っていない。
    独紙ビルト日曜版は、副操縦士がどのように飛行しようとしたのかを考えた場合、この診断によって副操縦士は我慢の限界に達して爆発したのではないかとの見方を示している。

    また、副操縦士の元交際相手が妊娠していることが分かった。元交際相手のキャスリン・ゴールドバッハさんは、数週間前に妊娠を知ったという。なお副操縦士とゴールドバッハさんは7年間交際していたが、浮気が原因で破局したとみられている。

    墜落現場では、副操縦士の遺体の一部が発見され、合わせて78人のDNAが回収された。

    またマスコミは、ブラックボックスの解析について報道しており、これも副操縦士に不利な証拠となっている。墜落前、操縦士は副操縦士に対して操縦室のドアを開けるよう頼んでいる。その後、操縦士は叫び声をあげてドアを壊そうとした。副操縦士はその間、一切言葉を発していない。聞こえるのは、興奮する様子もない、副操縦士の穏やかな呼吸の音だけだったという。ビルト紙が伝えた。

    トピック
    A320機の墜落事故 (28)

    関連:

    墜落A320機の副操縦士とその罪の証明
    墜落A320機の副操縦士、特殊な自殺法をインターネットで調べていた
    エアバスA320型機墜落 2つ目のブラックボックスが発見される
    墜落A320機パイロット、雇用者のみか医師をも欺いていた
    A320機事故、検察が「ビデオ資料は一切入手してない」
    タグ
    事故, フランス, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント