13:36 2018年09月24日
ロシア、ウクライナの政府、企業、チェルノブイリ原発までが大規模なサイバー攻撃の餌食に【写真・動画】

ロシア、ウクライナの政府、企業、チェルノブイリ原発までが大規模なサイバー攻撃の餌食に【写真・動画】

© Sputnik /
災害・事故・事件
短縮 URL
2011

27日、ロシアとウクライナの石油、通信、金融業界が大規模なサイバー攻撃被害にあった。ハッカー攻撃の正体はシステムを破壊するPetyaウイルスだったことが判明した。サイバー攻撃の早期発見を専門とする企業Group-IBがスプートニクに対して明らかにした。

スプートニク日本

Group-IBの説明によればPetyaウイルスはコンピューターをブロックしてしまい、ビットコインで300ドルを要求するというもの。サイバー攻撃は27日の14時ごろ(日本時間20時頃)に行われた。Petyaを拡散させる方法はWannaCryウイルスと同様でローカルネットを通じて行われた。

現段階の情報ではこのウイルスに感染した企業にはロシア石油大手の「バシュネフチ」「ロスネフチ」。このほか、ウクライナ政府のコンピューター、仏資本のハイパーマーケットの「アシャン」など多数の企業が攻撃を受けた。またチェルノブイリ原発も被害に遭い、モニタリングのために一時、手動で稼働を行わざるをえなくなった。

​先の報道によると、ロシアのカスペルスキー・ラボ社は、ランサムウェア「WannaCry」に最も多く感染したのはロシアだと発表した。

タグ
インターネット, ハッカー, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント