02:23 2019年07月20日
ウイルス

世間を騒がせた「WannaCry」作成者の国籍が明らかに!?

© Flickr/ Yuri Samoilov
テック&サイエンス
短縮 URL
182

暗号化型ランサムウェア「WannaCry」の作成者は、恐らく、中国南部、台湾、香港、シンガポールに住んでいた。ウイルスコードの言語分析によって明らかになった。

スプートニク日本

サウスチャイナ・モーニング・ポストが、Flashpoint社の情報を引用して報じたところによると、利用者にコンピューターのロックを警告する表示は、当初、中国語で書かれていた。

後にハッカーは、「警告文」の英語バージョンをつくるために、オンライン翻訳「Google Translate」を使った。

アナリストらは、「テキストでは、ウイルス作成者の地理的位置を判断できる用語が使われている」との確信を示している。

一方、インターネットポータル「モバイル通信」のロシア人編集長は、言葉は真似ることができると考え、米国人を疑っている。なお、これを裏付ける事実は今のところない。

タグ
ハッカー, コンピュータウイルス, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント