01:08 2018年10月21日
ロシア旅客機墜落 フライトレコーダー解析

ロシア旅客機墜落 フライトレコーダー解析

© Sputnik / Press-service of Russian Emergency Situations Ministry
災害・事故・事件
短縮 URL
102

2月11日にモスクワ郊外に墜落した旅客機An-148の事故について、モスクワに本部がある州際航空委員会はフライトレコーダーの最初の解析を行い、ピトー静圧管の氷結によって操縦士が飛行速度について不正確な情報を受け取った可能性があると発表した。

スプートニク日本

センサーであるピトー静圧管は、航空機の速度、圧力、また操縦に必要なその他のパラメータを測定する。

州際航空委員会によると、センサーの氷結は、航空機の3つの装置すべての加熱状態が飛行中ずっとオフだったことと関係している。なお、この原因はまだわかっていない。

同委員会は、これらの装置の故障が乗組員の行動の誤り、また操縦の過程における間違った判断につながった可能性があると指摘している。

関連ニュース

墜落現場の遺体断片1400超、捜索活動ほぼ終了

タグ
飛行機, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント