08:09 2018年10月20日
ヴヌーコヴォ空港

モスクワのヴヌーコヴォ空港でハチが乗客を襲撃

© Sputnik / Sergey Subbotin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01

モスクワのヴヌーコヴォ空港から9時35分に出発予定だった「ロシア」航空のシンフェローポリ行きの便で、貨物室に置かれたハチの入った容器からハチが飛び出したため、乗客が避難した。航空会社「ロシア」の広報担当者が、通信社スプートニクに伝えた。

スプートニク日本

広報担当者によると、容器から約10匹のハチが飛び出した。なおハチは特別につくられたマルハナバチ種で、人体への危険はないという。

航空会社は飛行機を予備の飛行機と交換し、モスクワ時間11時10分に飛び立った。現在、調査が行われている。

関連ニュース

日本の空港の「ショッキング」動画、海外メディアが報道 職員がただ仕事をしているだけ

シベリアで飛行機から金の延べ棒が落下

タグ
動物, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント