11:24 2019年05月23日
有志連合のシリア・デリゾール空爆で民間人31人死亡

有志連合のシリア・デリゾール空爆で民間人31人死亡

© Sputnik / Mikhail Alaeddin
災害・事故・事件
短縮 URL
1014

米国主導による有志連合が18日、シリア東部デリゾール県を空爆し、民間人31人以上が死亡した。 al-Watan紙が現地の情報源の話を基に報じた。

スプートニク日本

報道によると、空爆はバグズ村で行われた。民間人31人が死亡し、数十人が負傷した。

ロシア外務省は再三にわたって、シリアにおける米国と国際有志連合の行動は、シリア政府との合意や調整、国連安全保障理事会の決議なしに行われていると強調している。

関連ニュース

米国はシリアの対立を人工的に引き延ばそうと必死 露外務省

米ボルトン補佐官 シリアからの米軍撤退時期に関する懸案について発言

タグ
空爆, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント