02:26 2019年09月23日

イスラエル空軍、ロケット弾攻撃の報復にガザ地区での施設を空爆

© REUTERS / Ibraheem Abu Mustafa
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11
でフォローする

イスラエル空軍が、パレスチナ戦闘員らによるロケット弾攻撃に対する報復として、ガザ地区での「地下施設」を攻撃したと、同国軍が発表した。

スプートニク日本

同国軍の報告では、「イスラエル領に向け発射されたイスラム教原理主義組織「ハマス」のロケット弾の報復措置としてガザ地区にある「ハマス」の施設を空爆した」と述べられている。

イスラエルは砲撃に対する責任はガザ地区のイスラム教組織ハマスにあるとしており、 2014年秋より発効の停戦合意にあるパレスチナ側のすべての順守項目を守るよう要求している。

関連ニュース

タグ
パレスチナ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント