17:50 2019年11月19日

スーダン 部族間抗争で30人以上が死亡【写真】

© REUTERS / Siegfried Modola
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

スーダン紅海州の州都ポートスーダン市で部族間抗争が発生し、30人以上が死亡、200人以上が負傷した。スーダン・トリビューン通信が反政府系の医師会による証言をもとに報じた。

報道によれば、スーダン第2の都市、ポートスーダンでは銃器やナイフなどの刃物を使用した種族間の抗争が22日から発生しており、これまで37人の死亡が確認されている。

​この事態を受けて紅海州では非常事態宣言が発令されたほか、軍事暫定政権の決定で紅海州知事と安全保障会議のトップが更迭された。

軍事暫定政権は文官、武官、あわせて11人で構成されている。2019年4月のクーデター後、政権移行期間として39か月にわたって国を治めることが決まっている。

関連ニュース

タグ
アフリカ, 戦争・紛争・対立・外交
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント