19:51 2019年12月06日
カムチャッカのシヴェルチ火山

カムチャッカのシヴェルチ火山から高さ7キロの噴煙

© 写真 : Roscosmos/Fyodor Yurchikhin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

27日、カムチャッカにあるシヴェルチ火山が、海抜7000メートルの高さにまで噴煙を噴き上げた。カムチャッカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

発表によれば、火山灰でできた煙が、火山から東へ30キロにわたって広がっている。  

シヴェルチ火山の航空危険コードは最高から1段階低い「オレンジ」に表示された。

同火山周辺の上空には国際航空各社の飛行ルートは通っておらず、また団体旅行も火山周辺では現在、行われていない。  

シヴェルチ火山は、カムチャッカで最も北にある活火山。

関連ニュース

数十キロにおよぶ噴煙柱 シベルチ山の火口から立ち上る カムチャッカ半島

タグ
火山, カムチャツカ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント