09:18 2020年07月14日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシア気象衛星「メテオル-M」2-2は微小隕石と衝突し、軌道を外れ方向を失っていたが、現在通信と衛星制御状況は復旧している。ロシア国営宇宙開発企業「ロスコスモス」がスプートニク通信の取材に応えた。

衝突後、衛星はロシア追跡システムの可視範囲に入る前に全ての電源をシャットダウン。現在、衛星との通常の気象データのやり取りが行われている。

関連ニュース

タグ
宇宙, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント