02:59 2020年07月12日
災害・事故・事件
短縮 URL
米国対イラン 中東の新たな対立激化 (55)
151
でフォローする

12日夜、米軍主導の有志連合軍が駐留するイラク首都バグダッドの北にあるバラド空軍基地が再び攻撃され、少なくともイラク兵4人が負傷した。同基地には米兵がいなかった。メディアが米軍主導の有志連合による『生来の決意』作戦司令本部の代表者の話として伝えた。

イラク軍によると、バラド空軍基地に対する8回のロケット弾発射が確認された。

一方、ロイター通信は、バラド空軍基地には米兵もいたと報じていた。

これより前、イラン革命防衛隊は米国によるソレイマニ司令官殺害に対する報復作戦開始を宣言した。イランから地対地ミサイルが、米軍が駐留するイラクのアインアルアサド空軍基地およびアルビール空軍基地に発射された。

ワシントンによると、この攻撃で米国市民に被害はなく、物理的な損失のみだったという。

関連ニュース

トピック
米国対イラン 中東の新たな対立激化 (55)
タグ
米国, イラン, イラク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント