08:58 2020年10月29日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

中国の武漢市でこの間、コロナウイルス系の未知のウイルス菌が発見され、その2人目の感染者が死亡した。地方当局が発表した。

69歳の男性が15日に肺炎で亡くなった。それまでの数日間、彼は腎臓の機能不全と他の器官の重度の損傷で入院をしていた。

未知の病原体によって引き起こされる急激な肺炎の蔓延が12月末に武漢市で始まった。そのときから感染ケースは41件を数えた。1月9日に1人目の患者が亡くなり、現在、さらに5人が重症となっている。

1月中旬にはタイと日本でも初の発病者が確認されている。両ケースではこの間に武漢市を訪れた中国人が発病している。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント