18:29 2020年02月21日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 31
でフォローする

パプアニューギニア近海で女性ダイバーが獰猛なサメと素手で戦った。この様子は動画に収められ、ヤフーニュースでも話題になっている。

ダイバーはクリスティさん。水中植物や生物を撮影していたところ、子ザメを伴ったホオジロザメが突然彼女のほうに向かってきた

​実はクリスティさんから離れた場所に、ダイバーらが安全な場所でサメの行動を観察するため、サメ用のエサが入ったコンテナが設置してあった。ところが小型の魚がエサを奪い、クリスティさんの近くで泳いでいた。ホオジロザメはその匂いを嗅ぎつけ、クリスティさんに向かってきたというわけだ。

クリスティさんはサメを扱った経験を持っており、サメの顔面をげんこつで叩き、サメを驚かせることができた。

鉄拳はサメに効いたようで、サメは即座に離れていった。魚はエサを探し続けていたが、クリスティさんの近くには戻らなかった。

クリスティさんは、とっさの反応ができたことを誇りに思っているという。サメの行動は分かっていたため、サメが襲ってきても動揺しなかったそうだ。

ツマジロはサメの大型種で、インド洋、太平洋、一部大西洋の熱帯水域に生息する。ホオジロザメは攻撃的で、ダイバーらに接近するため人間にとって危険だと考えられている。

関連ニュース

タグ
動物, サメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント