13:15 2020年09月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
ベラルーシでの抗議デモ (46)
0 17
でフォローする

通信社スプートニクのベラルーシ語課(Sputnikベラルーシ)は、9日夜にベラルーシの首都ミンスクで発生した暴動後に同課の特派員が拘束され、殴られたと報じている。

Sputnikベラルーシは「同課のエフゲーニー・オレイニク特派員がミンスクで(9日)夜に起こった暴動後に拘束され、殴られた。オレイニク特派員は午前6時、救急病院の患者たちに関する取材資料を準備した後、自宅に戻った。オレイニク特派員は今ようやく編集部と連絡を取ることができた」と伝えている。

ベラルーシでは9日、大統領選挙が行われた

中央選挙管理委員会によると、現職のルカシェンコ大統領の得票率は81.35%、2位のスベトラーナ・チハノフスカヤ氏の得票率は8%だった。

チハノフスカヤ氏の陣営は、ベラルーシ全地域の投票所のデータはチハノフスカヤ氏の得票率が70~80%であることを示していると指摘し、中央選挙管理委員会の選挙結果を認めないと発表した。

ベラルーシでは9日夜、投票結果の速報が発表された後、各都市で大規模な無許可の抗議デモが始まった。ミンスク中心部ではデモ隊がごみ箱でバリケードを築いた。警察はデモ隊を中心部から排除するために催涙ガス、放水銃、スタングレネードを使用した。ベラルーシ内務省によると、抗議デモでは3000人が拘束され、約100人が負傷した。

© Sputnik / Viktor Tolochko
ミンスクでの抗議デモ
トピック
ベラルーシでの抗議デモ (46)
タグ
ベラルーシ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント