16:49 2021年06月21日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

サンフランシスコのプログラマーが、3階の自宅に戻った後に跡形もなく姿を消した。警察は1週間後に男性の部屋を捜索したが、入口の扉が内側から施錠されていたと発表した。サイト「Mission Local」が報じた。

家族によれば、失踪したクリストフ・ボイテル氏(50)は行方が分からなくなる前に妄想にかられた行動をしていたという。

同氏の兄妹のララ・ハーベンさんによれば、この数年、男性はうつ病を患い、定職に就いていなかった。また、隣人は、困っている人を手助けするとても陽気な人だったとコメントした。たとえば、数年前、ボイテル氏はバドと呼ばれるホームレスを助けたが、この人物は悪魔主義と神秘主義に傾倒していた。

1月8日、ボイテル氏は自分の兄妹に手紙を書き、自分の部屋の近くで爆発音が聞こえ、トランプ氏の支持者らによる議会での抗議行動がサンフランシスコでの暴動に発展するのが怖いと綴っていた。ボイテル氏は、山間部に友人らと留まるために兄妹に金銭を貸してくれるよう頼んでいた。

1月9日、ボイテル氏の姪は彼からメッセージを受け取ったが、そこには同氏の要望に応えてくれるよう彼の兄妹のララさんに伝えて欲しいと記されていたという。ララさんはその後ボイテル氏と連絡を取ろうとしたが、彼と話すことはできなかった。

1月11日、警察はボイテル氏の失踪届けを受け取り、1ヵ月にわたって捜索が行なわれている。

 同氏が失踪するまでの2日間に、ホームレスのバドはボイテル氏の自宅を訪れているが、翌日には家を出ている。その後、バドが「あまりにたくさんの問題をおこす」ことから、バドはボイテル氏から「もうここには来ないでくれ」と書かれたメッセージを受け取っている。ボイテル氏の家族が雇った私立探偵がバドと面談を行なった。バドは探偵に、ボイテル氏は強盗に射殺されており、「超能力」によって同氏が殺害され、家から運び出される様子を見たのだと語った。

また、ボイテル氏の別の隣人は、彼が具体的に2人の人物を避けていたと語り、現在、まさに彼らから姿を隠しているのではないかと証言した。

いったいボイテル氏に何があったのか。みなさんはどう思いますか?

関連ニュース

タグ
びっくり, 災害・ 謎・発見・スキャンダル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント