08:50 2021年04月21日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

米Appleは11日、同社の新たな開発に関する企業秘密を2018年から知人のジャーナリストに提供していたとして、元従業員のサイモン・ランカスター氏を相手取り、米カリフォルニア州の裁判所に訴訟を提起した。サイトThe Vergeが報じた。

ランカスター氏は情報提供と引き換えに自身のスタートアップの成長に役立つ記事を書くようジャーナリストに頼んだという。

アップルは「われわれは、この人物による弊社の企業秘密の窃盗、個人的な利益を目的とした弊社の倫理規定違反および方針違反を非常に深刻に受け止めている。われわれは弊社のイノベーションを守るためにできることは全てやる」と発表した。The Vergeが報じた。

ランカスター氏は2008年にAppleに入社し、2019年秋に退職願を提出したが、退職願提出後も、ジャーナリストに追加情報を提供する可能性を得るために、Appleの新たな機密プロジェクトに関する会議に出席した。ランカスター氏は、ほぼ退職最終日まで、開発されたガジェットやその他の情報に関する書類をダウンロードしていたという。

関連ニュース

タグ
Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント