19:36 2021年08月01日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

中央アフリカ共和国で「国境なき医師団」(MSF)の人道支援スタッフが移動中に武装組織の襲撃を受け、女性1人が死亡したほか、3人が負傷した。MSFが発表した。

MSFの西アフリカ・中央アフリカ支部によると、武装組織がMSFの輸送スタッフを待ち伏せし、襲撃したという。

​これにより、輸送されていた患者の親類が銃で撃たれて死亡したほか、3人が負傷した。そのうち1人はMSFが雇用したバイクの運転手で、輸送されていた患者2人も負傷した。2人は女性とその息子だという。負傷した3人は搬送先の病院で手当てを受けている。

この攻撃を受けて MSMは人道支援に対する攻撃を強く非難した。MSFによると、武装組織による攻撃は6月に入り既に3度目だという。

関連ニュース

タグ
テロ事件, 事件, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント