23:21 2021年07月28日
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

エストニアでは3人の男性が自分の手を空気銃で撃つことができれば2000ユーロを支払うという賭けをしていた。結果、誰一人として賭けに負けたくなかったため、全員が自の手に発砲した。男性らはいずれも酒に酔っていたという。現地紙ポストタイムズが報じた。

26日夜、南部ヴァルガ県では男性3人が同様の傷を負ったという通報が警察に入った。

報道によると3人の男性は酒に酔った勢いで、 空気銃で手に打つことができた人に残る2人が2000ユーロを支払うという賭けを行っていたという。

3人全員が賭けに負けじと勇気を振り絞り、自分の手に発砲した模様。

関連ニュース

タグ
事件, エストニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント