20:58 2021年07月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

米オレゴン州ではこの時期としては観測史上最高の46.7度が確認され、熱中症などの症状で少なくとも63人が死亡した。現地紙オレゴニアンが報じた。

オレゴン州では、最大の都市ポートランドがあるマルトノマ郡だけで44歳から97歳の市民、合わせて45人が熱中症により死亡した。

​マルトノマ郡によると、2017年から19年の間に州内で確認された熱中症による死者はわずか12人だったという。

​直近の3日間、州内ではこの時期としては最高気温が更新され、6月28日には気温が46.7°まで上昇した。ポートランド市内でも日中の最高気温は30°を超えていた。 

関連ニュース

タグ
災害, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント