09:01 2018年07月17日
自走砲2S23「ノナSVK」
© Sputnik /

自走砲2S23「ノナSVK」は砲兵部隊・迫撃砲、ミサイル装置、装甲車両の鎮圧に、火器、司令部、敵方の人員の殲滅に、ある場所に煙を立て、または照明を当てることを目的とする。

自走砲2S23「ノナSVK」は、事前の準備なく、閉鎖的なポジションから、直射による照準放火を行うことが出来る。ロシア内外の120mm砲弾であれば、どんな種類でも発射できる。

シリーズ生産の一年目で30ユニットが製造された。2012年時点で、自走砲2S23「ノナSVK」のロシア国防省向け価格は、当時のレートで57万米ドル。自走砲2S23「ノナSVK」はまた、輸出も積極的に行う。2000年代初頭の時点で、自走砲2S23「ノナSVK」の外国向け価格はあ、およそ81万ドル。

関連:

可搬式地上ミサイル複合体RS-24「ヤルス」
ソ連初の第4世代軍用機
タグ
武器・兵器, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る