17:35 2019年08月26日
シリアにおける「IS(イスラム国)」の拠点に対するロシアの空爆
© Sputnik /

ロシア航空宇宙軍がピンポイント攻撃を行っている地域

ロシアはシリアのアサド大統領の要請を受けて9月30日からシリアでテロ組織「IS(イスラム国)」の拠点に対するピンポイント空爆を開始した。

シリアにおけるロシア航空宇宙軍の部隊には、攻撃機スホイ25、前線爆撃機スホイ24M、スホイ34が加わっており、スホイ30SMがこれらの航空機を空から援護している。その他にもカスピ海艦隊から巡航ミサイルがテロリストの拠点に対して発射された。ロシア航空宇宙軍は、司令部、訓練施設、弾薬庫などに空爆を行っている。精度は誤差5メートル以内。

目標は、ロシア、シリア、イラク、イランの諜報データに基づいて決められている。

 

 

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)

関連:

シリア軍、首都ダマスカス近郊で大規模な軍事作戦を開始
露外務省:ロシアが支持するのはアサド氏ではなく、シリアの国家性
イランのスレイマニ将軍率いる数千人のイラン兵、シリアに到着
タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る

  • 子守唄を歌い、日なたに長時間いるのを嫌う:クジラに関する8つの事実
    アップデート: 2019年07月10日 21:48
    2019年07月10日 21:48

    子守唄を歌い、日なたに長時間いるのを嫌う:クジラに関する8つの事実

    日本が商業捕鯨を再開した後、捕鯨のあり方は世界で最も議論されるテーマの一つになった。環境学者や動物の権利を庇護する人々は警鐘を鳴らし、日本の決定を非難している。漁業関係者や日本の大半の住民は、「伝統的な」捕鯨に戻ることに賛意を示している。こういった議論を背景にスプートニクは、この驚くべき哺乳類、クジラの生態について、より詳しくご紹介する。

  • 2018年度世界の軍事費支出
    アップデート: 2019年05月21日 23:05
    2019年05月21日 23:05

    2018年度世界の軍事費支出

    2018年、世界の軍事費は前年より2.6%多い、1兆8千億ドルに上ったが、一方でロシアは2006年以来初めて、軍事費の支出最大国トップ5から抜け出た。ストックホルム国際閉鎖研究所(SIPRI)の毎年発表のレポートでこうした統計が明らかにされた。

  • 世界フィギュアスケート国別対抗戦2019
    アップデート: 2019年04月11日 21:10
    2019年04月11日 21:10
  • 世界フィギュアスケート選手権大会の競技日程
    アップデート: 2019年03月19日 23:04
    2019年03月19日 23:04

    世界フィギュアスケート選手権大会の競技日程

    フィギュアスケート世界選手権は日本の埼玉で行われる。専門家は、世界最強の選手による「熱い氷上」の戦いになると見ている。