19:52 2017年09月26日
東京+ 25°C
モスクワ+ 12°C
    ドヴォルコヴィチ露副首相

    露副首相:制裁は露日協力にほとんど影響していない

    © Sputnik/ Sergey Kuznetsov
    日本
    短縮 URL
    0 845150

    ロシアに対する西側の経済制裁は、ロシアと日本の協力にはほとんど影響していない。ロシアのドヴォルコヴィチ副首相が5日、東京でロシア経済近代化に関する日露経済諮問会議第5回会合が開かれた後、ロシアの記者団に語った。

    ドヴォルコヴィチ副首相は、「時折、プロジェクトの資金調達の面で困難がある。なぜなら制裁によって、日本の銀行の中には、ロシアのプロジェクトに参加できない銀行があるからだ。しかし、それに代わる資金調達方法もあり、全ての人がそれを知っている」と語った。ドヴォルコヴィチ氏は制裁について、「(日本との協力に対する)直接的な影響は見られない」と述べた。

    ロシア経済近代化に関する日露経済諮問会議は、2010年に発足した。5回目となる今回の会合では、省エネやエネルギー効率、医療、農業、ナノテクノロジー、都市環境やインフラ開発などの分野について協議された。

    ドヴォルコヴィチ氏は、提案されたプロジェクトはロシアで実現を目指したものだが、日本にとっても興味深いプロジェクトがあると指摘し、それはロシアから特定の製品を輸出することに関連したもので、「農業、医療製品、木材製品などに関するものだ」と述べた。

    またドヴォルコヴィチ副首相によると、会合では、「あまり伝統的な分野ではないが、現在、エネルギーや燃料エネルギー複合体などと比較した場合でも最重要視されている、医療機器の生産に重点が置かれた」という。ドヴォルコヴィチ

    氏は、タタールスタンには、日本市場に進出した企業があると指摘し、「(モスクワ郊外の学術都市)スコルコヴォに、国際医療センターを創設するプロジェクトもある」と述べた。

    なおドヴォルコヴィチ氏によると、廃棄物処理などのプロジェクトを推進するために、近いうちにもモスクワ市長が東京を訪問する。

    またドヴォルコヴィチ氏は、「ロシアでは、アジア太平洋地域の国々などへ供給するために、肉や牛乳の生産を高める計画がある」と語った。

    タグ
    露日関係, ロシア, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント