03:19 2017年09月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 11°C
    ロシアの諜報機関への文書漏洩の疑いで元陸自幹部ら書類送検

    ロシアの諜報機関への文書漏洩の疑いで元陸自幹部ら書類送検

    © Sputnik/ Andrei Starostin
    日本
    短縮 URL
    241126

    日本の警視庁は、ロシアの諜報機関と関係を持ったと疑われている元陸上自衛隊の幹部らを、送検する決定を下した。4日、共同通信が伝えた。

    共同通信が、治安機関の消息筋の話として伝えたところでは、書類送検が決まったのは、陸上自衛隊の東部方面総監だった泉一成(イズミカズシゲ)元陸将(64)と彼の部下だった57歳の現職の幹部自衛官などだ。

    伝えられるところでは、2013年泉元陸将は、東京にある在日ロシア大使館の武官に、自衛隊の訓練に関する内部文書などを渡したという。

    また泉元陸将の他、現役も含め、さらに5人の自衛官が、この事件に関与していたとされ、警視庁は、職務で知りえた秘密を漏らすことを禁じた自衛隊法違反の疑いで、4日、書類送検する方針だ。

    警視庁は、元陸将らから文書を受け取ったロシア大使館の元駐在武官は、ロシアの情報機関「GRU」=軍参謀本部情報総局のメンバーであると主張している。

    なお東京のロシア大使館は、そうした情報についてコメントしていない。

    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント