16:57 2017年11月21日
東京+ 11°C
モスクワ0°C
    ロシア軍機が活発に 日本防衛省

    ロシア軍機が活発に 日本防衛省

    © Sputnik/ Dmitriy Vinogradov
    日本
    短縮 URL
    11762133

    日本の領空侵犯のおそれがある機体に対する自衛隊機の緊急発進(スクランブル)で、今年4月から6月にかけて最も多かったのはロシア機への発進。防衛省の統合幕僚監部が14日に発表した。

    スプートニク日本

    同省によると、今年4月から6月までで緊急発進は229回。

    ロシア機に対する発進はうち125回で全体の55%となり、中国機へは101回で全体の44%になった。

    前年同期では緊急発進の総数は199回で、うち中国機への発進は78回だった。

    防衛省によると、中国機は主に東シナ海上空を航行。ロシア機は一方で日本の南部を除く北西・北・北東沿岸に沿って日本周辺を航行。

    公開されたデータには写真も付いており、緊急発進の対象になったロシア機はTu-95、Tu-142、IL-38、IL-20、SU-24だとある。

    先の報道によると、ロシアで軍事兵器の輸出入に唯一携わる国営武器輸出企業「ロスオボロンエクスポルト」はこの17年間で、およそ650億ドル分の航空兵器を売却した。

    タグ
    ロシア, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント